毎日のちっちゃな幸せ♪


by bau-chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

写真の整理

コメント、個々でのメール等、ご心配励まし、ありがとうございます。
皆さまのところに遊びには行っていてもコメント残せず、失礼しています。

最近は、あいの持ち物などの片付けの中、写真の整理をしています。
笑える思い出やら、いつだっけ~?とか、懐かしいやら・・・
というより、写真って、あいのばっかり・・・^^;

このブログで時々登場していたあいは、もうおばあちゃんだったので
顔が白~くて、まったり~~、だらだら~~、な印象でした。
(私も、そのあいが好きなのですが・・・)

北軽井沢のスキー場、ドッグラン。(2003年9月 6歳)
耳パタパタさせて貴重な走ってる姿
(本人も飼い主も走ってると思っているけど、どうでしょう?笑)
f0036269_1161891.jpg

ボール好き好き~。
芝生好き好き~~。
でも、どことなく、どんくさいんですけど・・・(意味わかります?)
身体も重そうだし・・・(苦笑)
一応骨格から想定される標準体重内だったんですけどね~。

まあ、若い時から、3,4回こうして走れば、もう十分でした^^;
あとは、ウネウネ~~すれば、満足で。

そんな訳で、ドッグランは、7,8歳であいには不要なものになりました(笑)

f0036269_116388.jpg

前後両脚が地面から離れてるのって、記憶にあまりありません~><
ぎりぎり?貴重な写真です^^(前脚付いてるかな?)
山の斜面で少々興奮して走って、前脚をねんざ??したこともあるし・・・。
少々犬あるまじき姿?とろいというか・・・
外が大好きだったわりには、飛んだり跳ねたりは得意ではありませんでした。

そういえば、拾骨の時、言われたました。
「あいちゃんは、股関節がちょっと悪かったんですね」って。
受ける側(凹)の丸みが少なくて、骨が少しすり減ってるとのこと。
へ~~、すごい!、そんなことまで見てもらって・・と、感激しました。

まだ小さな時に、獣医さんで、
「是非あいちゃんの赤ちゃんを・・」と勧められたのですが
股関節が弱いことが分かり、断念したんです。

だからなのか、場面場面で、とても慎重派でした。
でも、高台から落ちたり、脚踏み外したり・・・やっぱり、とろかったかな~
(ごめん、あいちゃん、笑)

↓こちらは雪でおおはしゃぎして、我を忘れて、棒をくわえて、飛んでます(笑)
でも、その怪獣顔は、ちょっとNGでしょう~。
f0036269_1164560.jpg


写真は膨大にあって、どう整理していいのか、すごく困ってます。
ネガ有り写真の時代のものからあるし~
そしてデジカメに変わり、そして、保存してるパソコンが途中で変わり2台にまたがっていて。
1台目のパソコンが不調になりバックアップを取るから、消去して・・・とのこと。
夫の様子だと、そのバックアップの素(何て言う?)がどうも紛失してる???かも??
そんなことで、昨夜は少々?険悪~~~なムードに。
平和主義なあいが居たら、きっと仲介してくれるんだけどな~。
f0036269_11314888.jpg

これ、結構好きな写真^^(5歳から7歳くらい)
こんな顔してニッコリされると、険悪ムードも、まあどうでも良くなっちゃってたんだよね~。

あ!!!そうそう、これもその紛失してるデータに入ってるものですけど~~
(プンプン)やっぱり、かなり頭にきてます。
なぜか、本日更新の写真は偶然今のPCにコピーしてあったので助かってました。。。

これからは、こういう険悪ムード、あいの力を借りず自分達で解決しなくちゃです。
でも、今回は私は悪くない!!(あ~~あ、あいちゃん、解決に戻ってきて~)
[PR]
by bau-chan | 2011-04-26 11:35 | | Trackback | Comments(6)

犬と震災♪

このブログに遊びに来てくださっているベルさんから、先日こんなコメントを頂きました。
私は状況を全く知らすお話していたので、愕然とし絶句しました。
ワンコを飼ってる方に知って頂けたらと思い、お願いして紹介させて頂くことにしました。
( )内は私が加えたものです。

実は私、今宮城県沿岸部に住んでいます。津波と大きな火災のあった町(K沼市)です。震災時、一番に困ったのはGRくん(ゴールデンレトリバー)のエサでした。ストックは残り少なく買えそうなお店は津波で被害にあい、絶望的でした。人間は我慢できても、動物はどうかな…と毎日ハラハラしました。どうにか息子が何時間も並び買って来てくれましたが、まだ震災から1週間以内だったので最初のお店は「ペットのエサなんて今は売らないよ」と言われたそうです。このブログは多くの飼い主さんがご覧でしょう…。どうぞどうぞ、愛するペットのために備蓄をおすすめします。本震の時はシッポをたたみ小さく震えていました。火災で真っ赤な空を見上げ吼えていました。4月7日の余震に時は真っ暗な中じっと寄り添ってくれました。割れたガラスやガレキと、犬にはわからない危険が沢山あることを知りました。人間以外に対する災害時の想定
…必要ですよ!


ご心配をおかけしてこちらこそ申し訳ないです。我が家は家族も家も無事でした。こちらは今知り合いに犠牲になった方がいない…なんて言う方は恐らくいない程の状況です。お陰様でGRくんのエサは蓄えられました。ありがとうございます。特に大型犬は小型犬に比べ食べる量も違います。やっとみつけてもコンビニにあるような小さいサイズでは数回分にしかなりません。我が家は乗越えましたが、あの時、可哀想な象のように食べさせてあげるエサも無く、黙ってお座りとかお手とかするようになったらどうしよう…と思いました。避難所にはペットを連れて非難されている方も大勢います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
震災で可哀想なペット、動物家畜達がいます。
動物達のための義援金や、ペット同伴の仮設住宅への署名、フードやシートなど支援物資の話は
ネット上ではある程度有名ですが

家に居られるけれど、フードがない!というご家族の心配や焦りはどれほどのものでしょうか。
(人間でも避難所に生活してないと食糧がもらえないという話もありますよね)
何の被害も無い横浜でも、
お米が売ってない、パンが、ヨーグルトが、納豆が・・・
そして、ガソリンが・・・
スーパーの棚ががら~んとしてるあの光景。
ワンコは純粋に食べ物がもらえなければ、事情もわからずただ待ってるだけ。
ぎりぎりじゃなくて、買い占めじゃなく、きちんとした備えは必要ですね。
そして人間同様、地震や災害時への想定、大切ですね。

あいのフードは、ここ数年は、手作り食と半々くらいでしたが、
それでも1袋8キロを2か月?あまり確かでなないけれど、けっこうなペースで消費していました。
劣化が心配で、ぎりぎりで繋いだり、夏場は4キロをこまめに買ってました。

地震後、人間のものは買い占めませんでしたが、
ドッグフードはまだ余裕があるけれど8キロを買いました。
1度だけ気を効かせた備蓄が、お星様になり、あらら・・・になっちゃいましたが(笑)


あいは地震、雷、が大嫌い。(火事おやじ・・はどうでしょうか??)
特に雷は、連想する雨、そして曇りまで苦手になってしまっていて、
あまりにひどいなら、安定剤が必要かとも思ってました。

地震はあまりにものショックで、今思うと
怖いとも表現できず心が硬直してたのだと思います。
人間みたいに、話せたり、泣いたりできたら、少しは解消できたのでしょうけど。
その後の余震では焦ることもなく、逆に知らん顔。
克服しちゃったのかと思いましたが、それがいけなかったですね~。
しばらくして、すごく甘えてきたりしたので
できるだけ隣で一緒に過ごすようにしていましたが、、
やはり余震余震で、そんな慰めは通用しなかったのでしょう。
そういえば、入院した夜に大きな余震があり、その後ガックリ悪くなったことを思い出しました。

あの地震がなかったら・・・と想像してみますが、答えはわかりません。

今あなたの隣で過ごしているワンちゃんのために、
ご飯のこと、そして、心のこと、
考えてみてくださいね。

私は、今は現実に隣に、近くにいる人間のことを考えたいと思います。
あいがなぜ、この時期にお空に行ったのか、大切にしたいと思います。

長文になりました。
1歳のお誕生日の時のものです。
夫の膝の上にのって、ケーキを前にご満悦です。
え!こんなチョコ味ケーキ食べていいのでしょうか???

f0036269_1046135.jpg

[PR]
by bau-chan | 2011-04-23 10:50 | | Trackback | Comments(0)

新宿三越、モデル犬♪

泣きごと中心の日々は卒業。(中心でないだけ?・・・笑)
今日は、10年以上の前の話。
さて、これは誰?
f0036269_2285033.jpg

実は、2歳頃のあい。
あまりにも違うので、別犬かと思うくらいですが
正真正銘のあいです。

もういいよね。少しプチ自慢しても^^
f0036269_2292334.jpg

書類審査だけの合格。
都内のスタジオでの、いきないの撮影。
お立ち台?の上でお得意のお座り(SIT)と待て(STAY)。
静か~なスタジオで、カメラのカシャッ!カシャッ!とシャッター音が鳴り響く。
「あいちゃん、ステイよ~。ステイ!」
20分?30分?、いいこで、なかなかの感じで進んで、休憩。

f0036269_2293396.jpg

休憩がいけなかった。
いいこだったね~と、ぼうろ(おやつ)をあげて、お水飲んで・・・

さあ、違うポーズで・・・・
・・・・おやつ欲しさに?ワンワン!ワンワン!
・・・・カメラが怖いのか、ワンワン!ワンワン!
だんだん、収集つかなくなって・・・^^;

いきなり、新聞の夕刊に白黒のあいが出ていて、
ポスターくらいにはなってるんじゃない?って
大慌てで翌日新宿まで飛んで行ったっけ(笑)

そしたら、まあ、驚きの結果に、腰を抜かしました!
三越にお願いして、事情を説明してポスターを何枚か頂いてきました。
f0036269_229538.jpg

今となっては、いい思い出です。
でも、どうも、この間まで居たあいと、別犬なんですよね~。
顔は茶色いし・・(笑)
誰ですか?って感じ。
この写真もそうだけど、昔の写真見ても(あまりに違うので)泣けないね・・・
と言って、今は笑ってます。
最近のを、プリントアウトして、こうでなくちゃ!なんて言ってる始末です^^

f0036269_2212262.jpg

あいが逝った翌日、お友達から素敵なお花が届きました。
「大好きなあいちゃんへ
あいちゃんの笑顔大好きだったよ。いつまでもいつまでも忘れないよ」
お花にもメッセージにも、どれだけ救われて、支えられ、慰められたことでしょうか。
今もずっとあいの隣。
f0036269_22124667.jpg


そうそう、あいの写真嫌いは、
この撮影のトラウマなのかもしれません。

でも、家族は嬉しかったよ~。
プチ自慢と言いながら、思い切り自慢話にお付き合いありがとうございました。
これもあいの供養かな^^
f0036269_22131933.jpg

[PR]
by bau-chan | 2011-04-18 23:06 | | Trackback | Comments(19)

もう1週間まだ1週間

1週間前
病院から電話がかかってきたらどうしよう・・と思いながら
本気で帰ってくるとも思っていたあの日。
夫を送り出して家事をしていた8時過ぎの電話。
一人で半狂乱になり
「あいちゃんがあいちゃんがぁ~~~、一人で逝っちゃった・・・」
「やだ~~~」
大声で、嗚咽して、身が引き裂かれそうな気持ちで泣き叫んでたあの日。
f0036269_14215496.jpg

すぐに、本当にすぐに迎えに行きたかった。
・・・・でも、私一人じゃ、家の階段は無理。
(入院の日は必死で抱えて降りたけど、そのあと肉離れ。。。)
1度、抱っこして、あいと共にまっさかさまに落ちそうになったことがある。
こんな時も、私はあいのために何もできない。
自己嫌悪。
あいちゃん、ほんとにごめんね~。

母がタクシーで1時間もかけてかけつけてくれて、とにかく病院へ。
検査室に運んでもらったあいと面会。
驚くほど綺麗にしてもらい、ピンクのリボンをつけて可愛くなったあい。
あまりにも穏やかな顔をしていて、安堵とともに、
「ごめんね~ごめんね~」と号泣。

もちろん、やっぱり連れて帰ろうと抱っこを試みたけど、生きてた時の2倍の重さ?
そして、またあいを病院に置き去りにして(自己嫌悪)午後夫の帰りを待った。
(待つのが得意だったあいとはいえ、こんな時に待たせてばかり・・・)
もう、あの日はごめんねと泣くしかできなかった。


午後、例の空飛ぶ絨毯(←クリック)で、夫とお迎えに。
とにかく、悲しくて、後悔でいっぱいで、涙ばかりの日。

・・・

そんなことも、もう1週間前、まだ1週間前。
昨日は、夫と母と3人で、食事をしました。
これで良かったんだよね。
仕方なかったんだよね。
ベストだったよね。
あいは幸せだったよね・・・
と、そう納得し合い、

あいの偉さ、凄さに感服し、
そして、昔話に笑いました。

夫はその日の夜中(明け方前?)
あいの居たリビングに一人、降りていきました。
きっと、あいに呼ばれたのかな?
(・・・と聞いてもお茶を濁していましたが・・・)
[PR]
by bau-chan | 2011-04-16 22:29 | | Trackback | Comments(2)

幸せそうに旅立ち♪

お花好き(バラをたべる)あいのために
お花いっぱいにして、送ってあげたかった。
大型犬サイズは(予定の)在庫がなく、急遽こんな豪華な木箱(お棺)にして頂きました。
サテン生地っぽいフリルの周囲、敷布団も枕、掛け布団も。

家に居た時からあいの表情は、
どんどん穏やかで幸せそうに変化していたけれど
最後のあいは
最高に穏やかに
最高に幸せそうに
最高に嬉しそうに
最高に満足そうに・・・

何より、優しい性格だったあいそのままの表情。

綺麗だよ。
最高に可愛いよ。
f0036269_9444364.jpg


葬儀の方が皆一様に、ゴールデンで14歳(あと2カ月だけど)は珍しいですよ。
でも、毛艶も体形も、(ほぼ)14歳には全然見えないと驚いてもらいました。
可愛がってもらって美味しいもの食べて、幸せだったんだね~。って。
そんな温かい言葉が、何より心から嬉しかった。
f0036269_945299.jpg

ありがとう。
楽しかったね。
いい子だったね。
自慢だったよ。
そして、ごめんね。

・・でも、本当に本当に、もう最後なんだね。

やっぱり、ありがとう・・しか言葉はなかった。

f0036269_94631.jpg

お花は買ってきたけれど、
特製草束を作ってあげました。
朝、桜舞い散る公園に行き
あいの大好きな至福のこだわりのクンクンスポットで、
食べたそうな草をあちこちで取ったもの。
きっと喜んでくれたに違いない・・と信じてます。
(私の好きな匂いがついてない!って怒ってるかな)

あいの好きなぬいぐるみ(おもちゃ)
無くてはならないウマウマ。
 ほんの少量ずつだけど、大好きなもの全部入れたつもり。
 りんご、カステラ、たまごボーロ、和菓子 
 ジャーキー、ドッグフード、ハッピーラブ、
 蒸しささみ、ローストビーフ、食パン、ソーセージ
ヤマザキのチーズ蒸しケーキ
 そして、私の手作りご飯
でも、たぶん、少なくて全部一気に一口で食べちゃったね。
f0036269_9461622.jpg

母も来てくれました。
葬儀の方々がアットホームで温かくて、救われました。
地面があって、お花が咲いて、木々があり、
日当たりが良く、風が通り・・・
池にはお魚や亀がいて、猫ちゃんもウロウロしてて、
あいが絶対好きなところ。
ここで良かった。
母と私は、その風景を見て号泣し、あいが小さくなるのを待ちました。

股関節が悪かったことも、ちゃんと指摘されました。
前歯が綺麗だったってことも♪

「帰ったら・・・今日は暑(熱)かったね。頑張ったね。と声をかけて、
たくさんのお水をあげてくださいね」
その言葉に私たち二人は、また号泣し、そのままタクシーへ。

素敵なセレモニーでした。
でも、あいちゃん、どうしようもなく寂しいよ。
[PR]
by bau-chan | 2011-04-12 13:54 | | Trackback | Comments(2)

明日、お空に。

明日、12時にお迎えにきてもらって
1時前頃から(約2時くらいまで)、火葬になりました。
もし、その頃、あいのことを思い出して頂ければ、このうえなく嬉しいです。
f0036269_2312012.jpg

場所は2つチョイスがあったのですが(簡単に言うと海と山)
少し古いけれど、山の方が好きだったあいのことを思って
そちらを選びました。

本当のことを言うと、
入院前の1日でいいから時計の針を戻して、やり直したい。
せめて1度でいいから、もう1回でいいから、目を開けてほしい。
目を覚まさなくてもいいから、このままここに居て欲しい。

もちろん、そんな希望は通る訳もない。

本当に眠ってるかの様で、
もしかしたら目を開けるのではないかという錯覚に陥ります。
夫は、かなり強くてあまり心乱していないけれど、
お腹だか胸をさすっていたので、何か気になるの?と聞いたら、
心臓マッサージしたら、動くんじゃないか?って・・・・


あいのためにしてあげられることは、今は保冷剤の取り換えくらい。
それでも、してあげられることがあるだけ、今は幸せです。
明日、その後、することがなくなって、私はどうなってしまうのかな。
f0036269_23243186.jpg



ちょっと、おボケな子だったけれど
とにかく優しくお利口だった。
人間の考えてることは、察っしていたし
叱られることは絶対しなかったし
明るく素直だった。
褒められることが、好きで
雷と地震が苦手。
お散歩大好き、軽井沢大好き
夫が好きで
食べること大好き、
私の作るパンやケーキを1番美味しそうに食べてくれたのはあい。
ほんとに美味しそうに笑顔で食べてくれた記憶がよみがえります。
ただ、こんなことになって
あいの1番すごいところは
我慢強く辛抱強く、がんばり屋で、芯が強かったということ。

立てない時に、ヒンヒン鳴いて、補助を頼んでたけれど、
入院数日前に、自分で一生懸命立とうとしていてたところに
私と目があった。
私は頑張れ!!!って大声で応援したら、
本当に必死に頑張って立ちあがった。
私がすごいすごい!と褒めると、それはそれは嬉しそうに満足そうにしていた。
(今想うと、そんなことより、なぜ、補助してあげなかったのか・・・とまた号泣しています)

思いつくまま、書いてしまいました。

明日は、私だけのつもりでしたが(調子が悪くなければ母も)
お見送りに行ってきます。
晴れそうだけど
おボケなところがあるから、
ちゃんと虹の橋まで行けるかな。
(いやいや、実はしっかりしていたあい、大丈夫だよね。)
[PR]
by bau-chan | 2011-04-10 23:24 | Trackback | Comments(4)

ありがとう

今朝、逝ってしまいました。

コメントで、メールで、そして静かに心で
応援してくださっていた方々、ありがとうございました。

長い間、このブログで、あいのこと、
可愛がってくださって、ありがとうございました。

一昨日の入院の時に私と夫の顔を代わる代わる見つめては
ニコニコしていたあい。

昨日はもうただただ辛くて、目もあけられなかったけれど
私が話しかけると、フーフーと、まるで返事していたあい
(普段も、(嘘)寝してると、そういう合図をしていた)

そして、今朝、8時過ぎだったでしょうか
(来た時には)亡くなってました・・・と、先生からのお電話でした。
f0036269_231431.jpg



一人で逝かせてしまったことに、半狂乱していました。
とてもとても後悔もありますが
今はやはり、これがベストだったと思ってます。

入院する日の朝までお散歩もしていたし、
食欲はなくても、私の手作りご飯は完食してくれました。

結局、入院してから2日も経たずに
あっという間でした。
甘えん坊なあいでしたが、
実は、本当に芯の強い子で、立派な最後でした。
可愛くて、いいこで、
たくさんの愛と勇気と希望をもらいました。
実際は両親のワンコでしたが、父が倒れ、我が家に来ました。
夫ラブだったあい。(もちろん、あいラブだった夫)
それまでも旅行にあちこち行ってたし、すんなり我が家の子になりました。
でもきっとあいにとってはストレスがいっぱいだったと思います。
色々なことを我慢し、自分で解決し
そして、私たちは、たくさんんの笑顔をもらいました。

今は涙が止まりません。
思い出ばかりが浮かび、後悔がぐるぐるまわっています。

とにかく今は、ありがとう。

そして、11日の月曜日12時にお迎えに来てもらって
12時半ごろから、お別れとなる予定です。

晴れるといいな。
(明日は、祖母の納骨です。あいは、一人でお留守番です。
[PR]
by bau-chan | 2011-04-09 23:14 | | Trackback | Comments(9)

入院

今朝、入院しました。
数値かなり悪いです。想像以上に。
私は、結局何もしてあげられません。
ただただ、ごめんね、、、しか、言葉が見つからないです。

それでも、前みたいにぐったりじゃなくて、
自分で立とうとするし、
外にも出かけたがって、昨日は2時間半もお散歩。
公園で寝そべったり、周囲散策してました。
そもそも、うちは途中踊り場?があるものの、20段くらいの外階段。
自力で降りてました。
3日前は、ほんとにあいの散歩の1番遠いルートを選択したし。

普段はお水がほしいとヒンヒン鳴いて(最近、老化で声になってません)催促してたのに
なぜか自分で立って飲んでましたし。
熱もなかった。

そんなあいの様子を見て、何となく、どこか甘くみていた私がいる。

1週間前にも耳の治療で受診してたし、ガスターももらったし。
度々の病院は逆に疲れて調子が悪くなるし、
足が不自由だから、車に乗せるのも一苦労、(足を痛めることも多々)
寝てるあいのお腹に手を入れて持ち上げるのは、私には無理だし、
行けそうなタイミングの時は院長先生不在だった。
そんなことで、お医者さんに行くことが遅くなったことを、すごく後悔し、責めています。

そして、何よりこんなにたくさん言い訳してる自分が最低だと思う。

こんなに悪かったのに、
「あいちゃん、どうしてそんなに頑張ってたの?」
いつも、すぐ助けを求めてくるじゃない。
「できな~い」「やって~」って。
ずっとずっとものすごく頑張ってたあいちゃん。

勝手な話だけど、
もう1回だけでいいから、頑張って、あいちゃん。

帰ろうと思ったら、入院ケージから聞こえてきた
あいのヒンヒン鳴く声(かすれた高い声)
あの声が耳について、あまりにも悲しい。
f0036269_14443071.jpg

こんな姿、また見せて。
スミマセン、今は東北より、あいのことに祈りたいと思います。

****(追記)細かい数値&面会************
ALT(肝機能障害 低酸素症)           507(13~53)
AST(肝機能障害 筋肉壊死)           735(17~44)
ALP(肝機能障害 ストレス、胆汁うっ帯 腫瘍)  3500以上計測不能(47~254)

CRP16(1)

エコー
大型犬の腹部胸部は人間の胸部腹部より実は大きく、画像が読みづらいとのこと。
胆のう炎
肝臓が腫れている。
膵臓もどうだか・・・(?)→膵炎の検査は外部に出すので3日かかるので結果待ち。
腫瘍も可能性はなくはないけれど、CTでぎりぎり分かる小さいものでも悪さすることもある。

先生の診断は
もちろん肝臓のダメージあり。
前回のような細菌性のものなら、まだいいけど・・・
肝臓のダメージ(ALT)より壊死(AST)の方が大きいということは、どこかで何かが壊れてるかも。
血液に黄疸が出ている。

膵炎が急に悪くなると、あっという間のこともあるので
(特にここ1,2日で悪くなってることもあり)
とにかく、入院して膵炎の結果を待ちつつ、抗生剤点滴等で管理することに。


夕方面会に夫と行った時のお話。
血液に黄疸+溶血有り。

この溶血がどこから来ているのか・・・
自己溶血貧血、血栓、の可能性有り。
あとは脱水もあり。

入院の際、いつもなら1回で簡単に入る点滴の針(置針)が入らず、
本当に苦労して苦労して、(たぶん10回くらい?)かかりました。

面会に行ったあいは、院長先生の側のケージで寝てました。
ケージを開けてもらって、呼んでも知らん顔(^^;)
夫がいいこいいこしたら、びっくりして起きて・・・(^^;)
でも、大丈夫だよ~っていう顔で、こっちを向いて
ハアハアしてたせいもあるけど、ニコニコした顔してました。
パパッ子なあいは、夫が少し離れると、探している様子。
代わる代わる、撫で撫でしてきました。
身体は辛いのに、ずっとずっと私たちを見て、ニコニコ。
無理しなくていい。心配くらいかけていいよ。
また明日行くからね。ゆっくり寝て身体を休めて。
[PR]
by bau-chan | 2011-04-07 14:49 | | Trackback | Comments(4)

心配

あいの様子が・・・心配です。
10日くらい前から、食欲が降下。
放っておいたら、たぶん何も食べません。
昨日の夜から完全に具合が悪いです。
f0036269_13454587.jpg

ここ1週間は、もう手ですくって食べさせる完全介助。
しかも15分くらいかけて。
心の中で「お願い、食べて!」と願いながら。
(以前はそれでも、こんな感じでした)
f0036269_13325535.jpg

それでもなぜか、お散歩には一応出かけてました。
3日前は、全く食欲ないのに、1番遠いルートのお散歩して驚きましたが
昨日は2軒先でダウン。
今日もダメそう。。。(今日は外に行けるのか・・・)


先週、耳の治療で獣医さんに行った時は、それでも少し心配。くらいでした。
草を食べて、吐きたそうにしてたこともあり、
ガスター20を処方してもらっていたのですが、
あまり効いてないみたい。

昨日、今日と、本当に心配な様子。
昨日は食べたあと、吐いてましたが、口の中から出さず、また飲んじゃって。
立ちあがっても、ふらふらして、いつ倒れるか・・・
歩いても横へダダダッと、流れていくし。
こちらも、何も手がつきません。

病気なのか、
これを老化というのか。。。
あとは、地震のPTSDなのか。。。
(それとも、今さらですが、ボールの皮をたべたのが原因なのか・・・?)

それでも、さっき、鶏のささみと、カステラをたべてくれました。

今日は院長先生がお休みなので、明日まで待って病院に行くつもりです。

地震の影響も捨てきれません。
時々すごく不安気にしていたり、すごく甘えてみたり
食器を重ねる音にも時々反応します。

暇があれば、さすってあげとか横に居てあげるくらいしかできません。
昨夜は夫とこんな風←雨や雷が鳴って怖いときに落ち着かせる方法。
f0036269_13444245.jpg


頑張ろう東北
頑張ろうあい
[PR]
by bau-chan | 2011-04-06 13:48 | | Trackback | Comments(4)